家づくりは、 エンターテインメント 創業者 鈴木健規

01 「住み継ぐ家を作ろう」

私が建築会社を設立した背景に、住み継ぐ家を後生に残したいという気持ちがありました。
現在、日本の住宅やおよそ築30年で解体され、産業廃棄物として見なされます。しかし、一方で住宅ローンは35年で返済します。

家を建てる理由は様々ですが、多くの人は家を財産と考えます。
しかし、人生で一番高いとされる買い物が30年でゴミと同じような扱いを受け、
35年はローンの返済を行わなければいけません。

業界の人々は、長期優良住宅でも100年は持たないことを知っています。

もし、本当に家を「財産」呼ぶならば、100年も、
そして3世代以上が住み続けられる品質でなければいけません。
だからこそ私たちユーディーホームは時流に囚われないデザイン性と快適さ、
そして品質に考慮した家づくりを行っています。
それが、財産と呼べる「住み継ぐ家」の本来の姿ではないでしょうか。

そして生まれたのが「ちょっとかっこいい暮らしをデザインする」というキャッチコピーです。
後生に残る、かっこいい暮らしをユーディーホームであなたもデザインしてみませんか?

02 「スタッフとお客様、ともに幸せに」

お客様だけが幸せでも、スタッフだけが幸せでも
成り立たないのが家づくりという仕事です。
お客様の理想を実現させることは、もちろんですが、
それだけでは良い家は建てられません。
家づくりの専門家である私たちの意見も織り交ぜ、
お客様と二人三脚で作り上げることが大切です。


家づくりを通じて、ユーディーホームでは、お客様とスタッフの間では
「ありがとう」という言葉のキャッチボールが反映に行われます。

日々の暮らしにお金は不可欠であり、非常に重要ではありますが、
この感謝の言葉がスタッフのやりがい、
そして仕事の充実に繋がっていることを身に染みて日々感じています。
そして、スタッフの心が満たされているからこそ、
日々更に良い家づくりが提供できています。

残念ながら、仕事は常に楽しいことばかりではなく、時には辛いことや苦しいこともあり、
それが避けられないこともあります。
だからこそ、お金以上に人の心を満たす感謝の言葉が人を突き動かすのではないでしょうか。

03 「ユーディーホームのこれから」

ユーディーホームのスタッフは一人ひとりが自主性をもち、個性に溢れています。
スタッフの異なったバックグラウンドや経験が集約されることで、お客様に最高の提案ができます。

与えられた仕事ほどつまらないものはなく、自ら作り上げた仕事こそやりがいがあります。
ユーディーホームではスタッフが自ら率先してアイデアを出し、共有し、それが実際に事業に繋がっています。
私はよく、「家づくりはエンターテインメントだ」と言います。

人は「手狭になった、家賃がもったいなくなった、子供が生まれた」という理由で家づくりを考え始めるものの、
本当に家づくりが楽しくなるのは、自らが「こうした、ああしたい」と自主的に語り始めてからです。

ユーディーホームはこれからも、この自主性とそこから生まれる楽しみを大切にし、
そしてスタッフ一人ひとりの自身の個性や経験を活かせる会社であり続けるとともに、
今以上にお客様が幸せになる家づくりを提供する会社へと成長していきます。