NY研修に行ってきました part4前編

2019.12.03


3day


☝3日目はこちらからどうぞ



月一更新、で
だらだらと細々と更新をしてきました
こちらのBlogも

ラスト!です😊
更新が…12月になったのは目をつぶってください

思ったよりもまた長くなりましたので
前編後編でお届けします。

 

 

4day前

 

果たして年内に終わるのか!!

 

 

 

さてNYに来てから
ずーーーーっと
雨続きでしたが
4日目にしてやっと…


やっと…

 

 

DSC_2512

 

 

 

晴天!!!!!

 

もう明日は帰国…ってところ
空気を読んでくれたのか
とても良いお天気になりました。

 

 

 

 

DSC_2531

 

 

 

とりあえず朝ごしらえ~と
近くのカフェに。

 

 

 

DSC_2533

 

 

 

 

カフェ?というよりは
お花屋さん、でした。
NYはカフェ×お花屋というスタイルが
流行っているんでしょうかね?
※私は前日のラーメンがまだ居座ってたため、
 パンはパス。

 



DSC_2541

 

 

 

地元の方が利用されるカフェのようで
男前のワンちゃんがご主人を
外で待っていました。

 

 

 

さて、朝一にいくのは

 

 

DSC_2561

 


M.FINE LUMBER &SONS
BROOKLIN RECLAIMED

 

という古材屋さん。
地元の家具デザイナーさんや建築会社に
古材を提供している会社とのこと。

実は昨日の予定でしたが、
定休日だったようで、
急遽4日目になりました。

 

 

DSC_2603

 

DSC_2713

 

DSC_2711

 

 

結構ワイルドな外観に圧倒されつつ(笑)

とりあえず中へどうぞ、
とのことでオフィス内にお邪魔しました。

 

 

DSC_2562

 

DSC_2572

 

 

DSC_2584

 

 

DSC_2574

 

 

なんというかこう
日本とは何となく造りが違いますね。

ここの内装は全て
こちらで取り扱っている
古材を使用しているようです。


DSC_2589

 

 

 

こちらは
ボス(社長)の部屋だそうです。

今は席を外しているようでした。

 

 

 

 

DSC_2607

 

 

外の工場へ案内してくれました。

 

 

 

DSC_2610

 

 

古材がずら~~~~~~り。
ここでは木材の加工、
裁断などを行っているとのこと。

 

 

DSC_2611

 

 

 

 

真剣なまなざしの高橋さん。

 

 

 

DSC_2621

 

 

広い工場にはいくつも作業場がありました。
ここは細かな作業をするところだそう。

 

 

DSC_2622

 

 

実際に社員さんが作業中。

 

 

 

DSC_2623

 

 

専門的なお話をしており、
恥ずかしい話、私はチンプンカンプンなので
なんだかかっこいい一角を取っていました☜


 

 

 

DSC_2626

 

 

 

 

砂利をセメントでガガガガっと
塗った壁

 

 

 

DSC_2629

 

 

何かのパイプ?でしょうか。
を使ったドアノブ。

 





DSC_2630

 

 

さて、また広い工場に戻りまして
中を見学。

 

 

DSC_2633

 

 

こちらでも
社員さんが作業中。

 

 

 

DSC_2638

 

 

傷んでしまった部分を
取り除いているそう。

 

 

DSC_2700

 

 

DSC_2701

 

 

大きな丸い電動のこぎり…
ちょっと怖いですね…

 

 

DSC_2639

 

 

そんな工場の説明などを
していただきつつ移動

 

 

DSC_2641

 

 

積みあがった資材はこちらも
もちろん大事な商品。

 

 

DSC_2644

 

 

日本でもビンテージウッド、古材などは
人気が高まっていますが、
NYでも同じだそうで、多くの業者から
注文が入るようです。

 

 

DSC_2645

 

 

まだ未加工の木材も
見せて頂きました。

 

 

DSC_2649

 

DSC_2655

 

※ちょっといい感じの写真(笑)

 

 

 

 

DSC_2659

 

 

で、話は本題の
販売価格の交渉に(笑)

日本にも輸出は可能らしく、
価格表を頂き、それを元に
どれぐらいで仕入れが可能か
交渉に移ります。

 

 

DSC_2666  

 

 

が、ここは鈴木さんのお仕事ですので
待っている間、うろうろと見学させて
頂きました。

 

 

DSC_2680

 

 

 

 

しばらくして、
話がひと段落したようですので、
次の場所へ移動となりました。

 

こちらの話がどうなったかは
鈴木さんに是非聞いてみて下さい(笑)

 

 

 

DSC_2751

 

 

 

 

場所を移動して…
こちらはダンボ地区

ブルックリンの端、マンハッタン島に対してイースト川を挟んだ向かいにあります。
1800年代からものづくりの街として発展したダンボ。
地価が比較的安く、アーティストやクリエイターが移り住み、
雑貨屋やカフェが集まるハイセンスな地域になったそう


歩いて移動をします。

 

 

DSC_2752

 

 

 

 

でなく、

 

 

 

ブルックリン橋 !

観光客がワラワラいました。ワラワラ

 

DSC08331

 

 

 

 

 

有名な撮影スポットなんですかね?
みなさんこぞって写真をパシャパシャ

 

 

 

 

 

DSC08335

 

 

 

山口さんの後ろにも
いい感じのポーズをとっている方が…(笑)

 

 

 

人も多いので
ガイドさんに
「日本の古物を売っている店があるよ~」と
教えられ、高橋さんと私はそちらへ

 

 

 


DSC_2758

 

 

着物や、鉄瓶、
浴衣生地をリメイクしたクッション

 

 

DSC_2759

 

 

屏風?に古いタンスや火鉢。

 

 

DSC_2760

 

 

 

こいのぼり(!)や小瓶(薬のビンかと思われる)
などなど…

 

 

 

 

DSC_2762

 

 

 

和ろうそくもありました!
クールジャパン…

 

日本の古物品は一定の人気があるようで、
日本に買い付けに行って販売しているようです。

 

お店の名前はズバリ
Shibui(シブイ)

 

 

ばあちゃん家の蔵をぼんやり思い出します(笑)


 

 


近くの日本人オーナーが経営されてる
ショップへも足を運びました。

FRONT GENERAL STORE

 

 

DSC08343

 

 

 

ダンボ地区のビンテージなレンガを
使った建物、中を改装したショップです。

 

 

DSC08341

 

 

ヴィンテージの雑貨や、古着、
オーガニックの石鹸やら色々…

 

店員さんも日本の方が多く、
久しぶりに日本語が飛び交う場所でした…!

「セント硬貨の使い方が難しいですね~」と
レジ中にお話させてもらったら

レジカウンターにジャララって出せば
金額分撮ってくれると思うよ!と
アドバイスいただきました(笑)

 

 

時間も迫っており、
バタバタと次はハイウェイにのり、
ニュージャージー州、アズベリーパークへ移動!

DSC_2764

 

後編に続きます!