鎮物とは?基礎工事がスタート!

2020.11.19

こんにちは、広報森です。


朝晩の気温も下がり乾燥する季節に。
顔も喉もカサカサ・・・
(マスクで肌や耳が赤くなる…😢)
皆様、体調にお気を付け下さいね。

 

先日、地鎮祭を終え
基礎工事が始まりました、
大田原市のお客様。


S__29392901



地鎮祭時にお預かりした
”鎮物”を建物中央部に
無事埋めました✨


※地域で多少異なることもありますが
基本的には基礎工事時に建物中央へ
埋めるのが一般的だそうです。



S__29392904



ところで”鎮物”の中身や埋める意味、
みなさんはご存知ですか?


包まれた状態のまま埋めますので
見ることはできませんが、
一般的に鎮物の中には


=========================

①鉄人像

②鉄鏡

③鉄長刀子

④鉄小刀子

⑤鉄矛

⑥鉄盾

⑦鉄玉 

=========================



以上、7種類のものが入っているようです!




土地の神様への貢物であり
工事の安全と、完成後に幸せな生活がもたらされるよう
願いを込めて、行う行事です。





遡っていくと、古墳時代には既に行われていたとか。
とても長い歴史がある行事なのです😊





毎回、担当スタッフがお施主様の代わりに
しっかりと願い埋めさせて頂いております!





工事はスタートしたばかり!
新しいお住まいはこれからどんどん
形になっていきます🏡


楽しみですね✨