「想いを未来へ繋ぐ古民家再生」

さくら市 F様

092-UDH20160715-2_mini

Q:弊社を知ったきっかけはなんですか?

最初はどこから話をしていいのか
分からず、娘が色々調べてくれて。

たまたま栃木県古民家再生協会を
見つけたんですけど、
ご縁があったんだと思います。

Q:私たちと出会う前から古民家再生は考えていましたか?

全然考えていませんでした。
主人が亡くなった後に
「残してくれたお金を自由に使いな」と
子どもたちが言ってくれたのをきっかけに、
ずっと念願だった古民家リノベーションを
やろうと思いました。

長男家族と一緒に住むか、
古民家を直すかと考えていましたので、
再生のタイミングがすごくよかったと
思っています。

Q:他社での古民家リノベーションの相談をしたことがあったと聞きましたが

見に行ったことがありました。
見せてもらったり実際に施工したお家に
行ったりしましたが、「ちょっと違うな」と。

一番の違いは古民家の良さを
活かしていない作りでした。
今風にはなっているけれど、
無理やり直している感じでした。
古民家再生ではなくて
あれはリフォームだったと思います。
それなりにまとめた感じはあったけれども、
全体的な調和がなっていなかったですね。

Q:再生するにあたっての悩みはありましたか?

一番は綺麗に直るかというところでした。

素人と玄人の違いだと思いますが、
柱だけ残して作り直すと思っていたので、
ちょっとやそっとのお金じゃ出来ないと
思っていましたが、
提示して頂いたものが
出来るお見積りでしたので
思い切ってお願いしました。

Q:現場の職人さんたちはどうでしたか?

工事の進め方がスマートでした。
壊しながら片付けて進めていくので、
もっとグチャグチャになると
思っていたのですが、
すごく綺麗に進めて頂きました。

進んでいるのが楽しみで、
私と娘で毎晩懐中電灯を照らして
見に行きました(笑)
段々と職人さんが気を利かせてくれて
照明もお借りして(笑)
だから今はその楽しみがなくなってしまって
ちょっと寂しいです。

特に大工さんなんて毎日会ってたでしょ?
毎日顔を見られなくなるのは寂しいね
という会話をしました。
これからはここで生活するんだな、
という気持ちの切り替えをしなければですね。

作って頂いた仏壇もよかったです。
花瓶が転ばないように穴をあけてもらったのは
私のアイディアなんですよ。
引き出し式のテーブルも満足です。

Q:完成してみて間取りはいかがですか?

リビングが中央にあって
キッチンと直結しているのはいいですね。
中廊下が無い代わりに他の部屋にいけるので、
一番いい方法でやって頂いたと思います。
違う箇所に水廻りをもっていくと
使いにくかったと思います。それと建具が
全部開けられるようにして頂いたので、
風が抜けて夏場は
気持ちがいいんだろうと思いますね。

Q:一番のお気に入りはどこですか?

玄関入ってすぐの土間は気に入ってます。

「二人で住むのはなんだかもったいないね」と
娘と話しています。
「1日何組限定」というお料理を出す
お店も出来るんじゃないかな?
という空間ですね。

漆喰も建具も本物を使ってくれているのも
気に入っています。

やりたいけどお金が掛かるからと
思っているから出来ないけど、
実はそうじゃないんだなというのがわかりました。
この建物で既成品の建物はダメでしたね。
安っぽさもないですもんね。
昔の中に今風のものも使っていますし。

トイレのドアや板の間は昔のものを再利用して
使ってくれているのもよかったです。

良い業者さんに出会ったなと思います。
ずっと休んでいた建物が息を吹き返したようで、
ご先祖様もとても喜んでいると思います。

Q:古民家を持っている方や今後リノベーションを考えている方へのアドバイスをお願いします。

やっぱり急がないで意見の合う人と
出会うまで歩くべきじゃないですかね。

とにかく何も分からないんですから、
自分で足を運んで実際のものを見るのも
大切ですし、お願いする業者さんの考えを
知ることも大切です。

私が見に行った所の営業さんは私を
「脈ありかな?」と思っていたかもしれませんが、
自分が納得できる方に合うまでは
根気強く見つけることが良いかと思います。

私は本当に運がよかったと思います。
出会わなければ再生しなかったかもしれないし、
他の方だとこんなふうに
出来なかったかもしれません。

古民家の素人の方だと
こんなふうに出来ませんから。