「好きと楽しいに包まれた家」

小山市 N様邸

DSC_0311

Q1:弊社を知ったきっかけはなんですか?

最初のきっかけは共通の知人からの紹介です。
この話になる前の年にバーベキューをしたんですが、その時に鈴木さんの名刺を頂きました。
「熱い男がいるんだよ」と言われ、いざ家を建てる際にもらった名刺を思い出しました

Q2:どのような家作りを希望されていましたか?

結果やりたかったような家ができたんですが、私は三角の屋根の家が欲しかったんです。
「庭でプールに入りたい!」というような大雑把なイメージはありましたが、注文住宅がよかったですね。
壁が欲しくなく、廊下もいらなかったです。
二階をリビングにして日当たりがよくて、子どもとの距離感が下で遊んでいても声が上がってくるので
この家の形にしないとできなかったと思います。
息子たちの部屋も「壁を作らない」という考えの中、自分達で考えて作ってくれたら嬉しいですね。

Q3:弊社を選んだ理由はなんですか?

(奥様)
いろいろ話しを聞いたり家を建てたいと思った時に家のことを何も知らないで始まったので、建築に対して無知だったので家を建てることに建てる費用など詳しく聞けて本当のことを話してくれる社長の人柄で選びました。
何もわからないのでいろいろ教えてくださったところが私は大きかったです。

(旦那様)
メーカーだと「できない」が多かったり、「こうしたい」と言っても全く違う図面が上がってきたりして全然伝わらないことが多かったんです。
聞いてないのか、伝わってないのか分からないですが・・。
絶対に動かせない壁、ということを言われて、「ここがなければ」という話しをしても
「ここは動かせないんですよ」と言われてしまいました。
「できないからこうしよう」という提案ではなく「出来ない」で終わってしまったので、
ハウスメーカーは辞めました。

Q4:実際に使ってみて使い勝手はどうですか?

やっぱり二階がリビングでも家族の音が聞こえるので、
誰がどこにいるかがすぐにわかるので、この形でよかったなと思います。
子どもたちが帰ってきたのも分かりますし。

将来的に子どもは音に対して気になるかもしれないけれど、
この生活だとこれが当たり前になってくるのではないかと思います。

ダックスは部屋中どこに居ても快適なのでこれが当たり前になって怖いなって思います(笑)

Q5:これから新築をお考えの方に一言お願いします。

(旦那様)
家を買うんじゃなく家は作ったほうがいいと思います。
私たちも最初は「家を買う」で考えてましたが、家を買うのはコストが掛かるので、
思っていることを営業マンに言えないことはありました。
言ったら金額が上がるんじゃないかと思って、本当はこうしたいのに言えないというのはありました。
家を買うという考え方から家を創るという事に変えてからは大変だったけど楽しかったです。

ハウスメーカーだとまずお金のことから始まり、
収入は?収支は?ローンは?と言われたので最初で滅入ってしまい夢はなかったです。
お金ありきで入るスタートだったのでかなり落ち込みました。

周期的に展示場に言ってもお金の話を必ずされてしまい全く楽しくなかったです。
ハウスメーカーに行くたびに金の話しをされて、
落ち込んで居た時に共通の知人に相談して鈴木さんにたどり着きました。
家を考えている人はハウスメーカーも工務店もどちらにも行って体験して
いろいろと見て感じたほうがいいと思います。

(奥様)
男の人が面倒くさがらずに来てくれるのはいいと思います。

女の人は今住んでる家よりも“快適に家事がしやすく”という思いもありますし、建てる前からインテリアの楽しみもあるので、IKEAなど行っても凄く楽しかったんですけど、主人は家を建ててからインテリアショップの楽しみも分かってくれるようになったので、男の人が面倒くさがらず協力的になってくれれば、楽しく家づくりが出来るんじゃないかなーと思います。

いろいろ見ていろいろ話しを聞いて勉強した方がいいです。