ブルックリンスタイルとヴィンテージスタイルが融合した平屋

大田原市 T様邸

_SNY7408

 

 

 

弊社を知ったきっかけは何ですか?

(奥様)
家を建て替えたい、と決めたときに
いろんな建築会社や工務店の
展示場、完成見学会を
見て回っていました。

そんな時に手を取った雑誌に
ユーディーホームが載っていて
そこで見たのがきっかけですね。




弊社を選んだ理由は何ですか?

(旦那様)
色々と他の工務店や建築会社の
完成見学会を見て回ったけれど
彼女の中では、最初から
「ユーディーホーム」で!
と決まっていたんじゃないかな。

(奥様)
そうかもしれない…(笑)
歳をとってからは
ちょっと小洒落た家に住みたい
という思いがあって…。

色々と見学会などを
見せて頂いたんですが、

やっぱり一番自分たちの
造りたい家のイメージに近い
こちらに…と思い、決めました。


一番こだわった所・自慢したい所はどこですか?

(奥様)
うーん…。
沢山ありすぎて、一番と言われると
困りますね…(笑)
ステンドグラスやニッチ、
すごく悩んで選んだタイルも…。
自分たちの作りたかったものが
たくさん詰まっています。

(旦那様)
趣味のバイクを鑑賞できるガレージだったり、
楽器を飾れる棚であったり…
部屋を自分の本当に好きなものだけに
囲まれた空間で生活したかったんです。

全体的にはレトロな感じであったり、
ブルックリンスタイルな感じだったり
いろんなスタイルのいいところを
詰め込んだ空間になっています。

二人のやりたかったことを
一つ一つを形にできたのが
良かったなと思います。





お家が出来ていくうえで感じたことは何ですか?

(旦那様)
ちょこちょこと現場を覗かせてもらって
いたんですが、少しずつ工事が進んでいく様子を
内側からも外側からも見れて、
とても楽しかったです。

丁度夏の暑い時期に大工さんが
汗だくになって工事をされているのを見て
大変だなぁ…と思いつつも完成に向けて
頑張ってくれているのが
よくわかりました。

(奥様)
工事の途中でも
棚やニッチの位置や高さなど、
細かいところをどうするか
聞いてくれたのが嬉しかったです。
図面だけじゃ分からないところも
ありますしね。

最初は無かった棚も
要望を出したら取り付けてくれたり、
ニッチに使いたかったタイルも
一生懸命探しだしてくれたりして…
どんどんと理想の家が
出来上がっていくのが楽しくて
たまりませんでした。





設計士と打ち合わせをしてどうでしたか?

(旦那様)
間取りや寸法など簡単なことは
なんとなくは分かるんですが、
設計ということに関しては
やっぱり素人であるので、
こうしたら使いやすいですよ、
これは止めてこちらのがいいですよ、など
プロの目線からアドバイスしてくれたのが
とても勉強になりました。

鈴木さんをはじめ、大原さん、井上さんと
いろんな人たちの努力と力が
結集してできた家なんだなあと
実感しています。

(奥様)
無理難題でも嫌がらずに答えてくれて、
こちらがこうしたい、と言ったものは
ダメとは言わずに受け入れてくれました。

もし、こちらの希望通りに
できないものであっても、
必ず別の案を出してきてくれて
自分たちでは想像できなかった
より良いものになっていって
どんどん完成が楽しみになっていきました。




これから家を建てようとお考えの方にアドバイスなどありますか?

(奥様)
色々と至れり尽くせりで…。
私たちは建て替えだったので、
工事中に住む家を提供して
頂いたのが一番助かりました。


(旦那様)
建てるならもう絶対に
ユーディーホームにしたらいいと思います。(笑)

ただ単に家を建てるって作業だけでなく、
建て替え中の家を提供してくれるなど
建ててる間の僕らユーザーの
気持ちも考えてくれて…

ユーディーホームに
出会えていなかったら
僕たち夫婦の夢は絶対に
実現できていなかったと思っていますし
別の言い方をすると
ユーディーホームだからこそ
出来たんだと思います。